1級建築施工管理技士

目次

技術検定制度の目的

建設業法25条の25には「施工技術の確保」が、又、第26条には「主任技術者の設置等が定められており、これらにより建設業者は、建築工事の施工にあって、一定の施工管理能力をもった技術者を、現場に配置することが義務づけられている。
技術検定は、技術者の施工技術の向上を図るために、国土交通大臣が行うもので必要とする、一定の技術基準について検討し、合格者については称号を付与し、その技術力を社会的に、認定する事を目的に発足した資格制度である。(建設業法施行令第27条の2より)

試験科目

学科試験

試験科目 試験基準
建築学等・施工
  • 1.建築一式工事の施工に必要な建築学・土木工学・電気工学および機械工学に関する一般的な知識を有すること
  • 2.設計図書に関する一般的な知識を有すること
施工管理法 建築一式工事の施工計画の作成方法及び工程管理・品質管理・安全管理等工事の管理法に関する一般的な知識を有すること
法 規 建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること

実地試験

施工管理法
  • 1. 建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度、外観等を得るために必要な措置を適切に行うことができる高度な応用能力を有すること
  • 2.  設計図書に基づいて、工事現場における施工計画を適切に作成し、又は施工図を適正に作成することができる高度の応用能力を有すること

受験資格

学歴・職歴 指定学科 指定以外
大学・専門学校を卒業し
「高度専門士」と称する者
3年以上 4年6カ月以上
短大・専門学校を卒業し
「専門士」と称する者
5年以上(1年) 7年6カ月以上(1年)
高等学校卒業 10年以上 11年6カ月以上
その他の者 15年以上
2級建築施工管理技術検定合格者 合格後5年以上
2級建築士試験合格者 5年以上 (1年)

( )内は指導監督的実務経験年数

実地試験受験資格

  1. 財)建設業振興基金の行う1級建築工事技術者試験第一部のその年及び、前年度の合格者
  2. 建築士法による 1級建築士試験に合格した者で1級建築工事技術者試験第一部の受験資格を有する者及び 1級建築士試験合格者で専門学校卒業後 1年以上の指導監督的実務経験を含む 5年以上の実務経験を有する者

建築施工管理に関する実務経験

代表的な工事種別
建築工事、大工工事、左官工事、とび・土工工事、石工事、タイル工事、レンガ工事、プロック工事、鋼構造物工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上げ工事、熱絶縁工事、建具工事
主な作業内容
現場施工、施工管理、施工監督、総合管理、設計・施工

COPYRIGHT 20xx Sample Company All rights reserved. designed by P.W.Studio